一般的なアロマとの違い

アロマセラピーは、大きく分けてイギリス式・フランス式の2つがあります。

イギリス式

エッセンシャルオイルを希釈して(薄めて)マッサージする。
香りによるリラックス効果・気持ちよさを楽しむ。
日本での普及率が高く、一般的に言われているアロマセラピーは、このイギリス式。

フランス式

嗅いだりマッサージに使うことはもちろん、直接塗ったり、飲んだりする。
エッセンシャルオイルの成分を利用した、メディカルな使い方。
オイルの成分や純度がとても重要。

アロマ

ヤングリヴィング社のアロマオイルどちらの実践方法にも、それぞれに長所があります。リラクゼーション重視のイギリス式もいいですし、メディカル重視のフランス式もいいですよね。

ヤングリヴィング社のエッセンシャルオイルは「フランス式」の使い方ができるオイルです。

日本では、アロマと言えばマッサージオイルに薄めて使ったり、アロマポットで焚いたり・・という「イギリス式」がほとんどなので、直接塗ったり飲んだりと聞くと「え!!」と驚かれるかもしれませんね。

アロマセラピー業界の現状として、法律で定められている基準というものは存在しません。日本にはアロマの協会がいくつかありますが、それは各団体(民間団体)が定めている定義であり、絶対的というわけではありません。ただ、その定義は間違っているということではなく、精油業界全体を見渡して、安全を最優先して定められたものと思われます。

フランス式として「直接塗布」「飲む」グレードの精油は限られています。各メーカーさんにきちんと確認した方が良いですね。確認できない場合は、ボトルに100%ピュアと書かれていても、直接塗ったり、飲んだりしないようにしましょう。

自分はどれを取るか?アロマセラピーの考え方は色々あります。最終的には自分の「嗅覚」で決めたいですね。

 

多くのエッセンシャルオイルは、日本の法律では「雑貨」として販売されています。

ヤングリヴィング社オイルは「化粧品」の認可を取っており、塗布を前提にして製造・販売しています。また、一部のエッセンシャルオイルは「食品」として(食品に香りを添加して飲用する食品添加物として)販売しています。

ヤングリヴィング社において飲用できるエッセンシャルオイルは、2013年1月現在、17種類です。摂取量については「1回に1~2滴が最適、1日の目安は5~6滴まで」との表記がされています。

厚生労働省の壁が厚い中、1品1品、血のにじむような交渉をして、やっと得られた認可なのだそうです。

ヤングリヴィング社(YL社)はどこが違う?

「Seed to Seal(シード to シール)」

ヤングリヴィング社は1993年、ゲリー・ヤング氏によって創設されました。ヤングリヴィング社が提唱している「種まきからラベル貼りまで」。世界中に自社農場を持ち、種まきから製品化までを一貫して自社で厳しく管理しています。農場はA社、蒸留はB社・・ラベル貼りだけ自社、ということをしていないんですね。ぜ〜んぶ自分たちで行っています。

精油会社って、たくさんありますよね。それぞれの会社で、植物への思いやこだわりを持って運営されていると思います。YL社代表のゲリーさんは、土選びや土へのこだわりをセミナー時間が終わっても熱血して終わらず・・というくらい熱い思いで話されていました。

実際、私はその土の話自体は覚えていないのですが(笑)、ゲリーさんが植物を心から愛し、そしてその生命力をそのまますっぽりボトルに詰めるにはどうしたらいいか・・ということを本当に朝から晩まで考えているのだな・・ということを感じさせられたのがグッときましたし、会社への信頼感が増していきました。


DSC00871.JPGのサムネール画像のサムネール画像
 
DSC00722.JPG DSC00726.JPGのサムネール画像のサムネール画像

(撮影:アロマビタミンズ代表 安田直子)

無農薬へのこだわり・オイルの純度の高さ

ヤングリヴィングは無農薬に徹底的にこだわっています。一般的には3年間農薬を使っていない農地で農薬を使わなければ「無農薬」という認定証を得ることができます。しかしヤングリヴィングは過去に一度でも農薬を使っている土地は使いません。

過去に一度も農薬が使われていない土壌で、カルキなどの消毒薬を含まない天然水によって、遺伝子組み換えなどされていない種子で植物を栽培することを自社基準としています。

そしてこの基準は世界に広がる自社農場のみならず、パートナー農場でも徹底されています。セミナー終了時間をすぎても土の話が終わらないくらいの徹底ぶりです(笑)


これからは、本物の時代。にせものや表面的なものは淘汰されていくと思います。

私たちはしっかりと本物を見極める必要がありますね!

DSC00708.JPG DSC00706.JPG DSC00712.JPG 

YL社は、愛用者自らがエッセンシャルオイルのプロセスに関われる

自社農場での植樹・収穫・伐採イベント、オイルが作られていく各プロセスをボランティアで実際に体験できるんです。一度参加すると楽しすぎて、そして大自然に感動して、はまってしまうそう(^o^)/

伐採イベント参加メンバーにシェアしてもらった時のコラムはこちら(別窓)

伐採メンバーによると、なんと、スプルースの蒸留水をまるまる使ったジャグジー!!に入ることができ、最高だったんですって(*´ο`*)
 

研究室を持っている

YL社は世界でも最先端のエッセンシャルオイルの研究を行っています。私たちは会社主催の製品セミナーで最新情報を得ることができます。臨床やデータに基づいているので、目からウロコばかり。

会員の皆さん、本当に勉強家で好奇心いっぱいの方ばかり。セミナーに出れなかった方には内容をシェアし合ったり、そんな時間も大切で楽しいんですよ。
DSC00633.JPG 941552_10151914996381982_1819899519_n.jpg

 

自分の感覚を確かめにアメリカへ

ヤングリヴィング社へ私はオイルを使い始めて、なぜこのオイルは違いを感じるのだろう?なぜこんなに体感ができるのだろう?とずっと不思議に思っていました。香りの透明感とパワフルさが全く違うので、それがなぜなのか、なぜ今まで使っていたF社のものを使えなくなってしまったのか分かりませんでした。

決して洗脳されてF社を手放したわけではなく(笑)、なぜ自分がいいと思うんだろう?と素朴に疑問に思っていました。

そして日本のアロマではタブーとされていた「直接塗布・飲む」ということも疑問なくできてしまう自分。この感覚は何だろう?

純度の高さやこだわりについては、話ではいくらでも聞けますよね。まぁ会社ですし、自分の会社は悪くは言わないだろうし・・しかし私は、きちんと自分の中で納得して附に落ちたい、と思いました。

なぜいいのかをきちんと知りたい。2013年6月に、ヤングリヴィング社のアメリカ・ユタ州モナ農場まで行ってきました。そして、実際にこの目で見て、肌で感じた時に、お腹の底から「ああそうだったのか!」と納得することができました。

詳細 モナファームの様子はこちら