サロン便り&コラム

2012年11月23日

【ざれごと】施術の時間は、神秘的で、楽しい旅のようなもの。

DSC_0591.jpg

今日もサロンのトリートメントのお客様がいらっしゃいました(*^_^*)

お久しぶりのお客様にお会いできるのも感慨深く、うれしいです。

お寒い中、どうもありがとうございました・・!

 

12月からしばらくトリートメントのお休みを頂戴することになり、ご心配いただいたりですみません。

今は、スクールをやったり、アロマの勉強会の日が多かったりではあるのですが、

やっぱり施術をさせていただく日があると・・

やっぱり自分はトリートメントをさせていただいて、お身体を触れさせていただいて、揉んだりこねたり、「ピーーーん!」ときたアロマをいそいそ追加したり、アロマをポタポタやってみたり、時にはワッショイ系マッサージ、もしくはグイグイ系・・(*´ο`*)=3 やっぱり好きだわ〜としみじみしてしまいます。

私は、自分はもはや施術の講習に行ったりはしないのですが、お客様に触れていると、自然と導かれていくような?勝手に新しいマッサージが開発されていくのです。

ま〜ありがたい!

今、フェイシャルのスクールでお教えしている技術も、誰に教わったのかというと、どこかのスクールで自分が習ったものではなく、サロンのお客さまの「お身体に聞いて」教えていただいたものなのです。

人間のカラダって本当によくできているんです。その肉体の持ち主はそんなことも知らずに・・(笑)

マッサージのやり方まで教えてくれるのですから!

お客様のカラダが、教えてくれるのです。

そして、どんなアロマを使ったらいいかも教えてくれるんです、お客様の身体が。

 

施術中、お客様のカラダに耳をすます・・といいますか、手をすます?とでもいいましょうか。

手のひらや指先に伝わってくる情報を受け取り、まるでコミュニケーションを取るように、そんな風に触れていると、カラダの声が(音声としてではなく)、感覚として、やってくるんですよ!

「この骨はこの方向に伸ばされたいわ〜〜」

「神経の束がゆるみたがってる〜〜」

「ホントはけっこうお疲れモードなんだけど、本人に気づかれないように、今は、おとなくしといてあげてるんだ(とあるお客様の、とある内臓)」

 

施術の時間は、施術者にとって、そのお客様の「身体」というエリアをくまなく旅するような・・不思議で、神秘的で、そしてとても楽しい体験なのです(^o^)/

 

来年春から、トリートメントがバージョンアップいたします・・♪